本文へスキップ

学べる講座 リンパマッサージ

柔道整復師/リンパマッサージ

リンパマッサージ 講座

柔道整復師

資格内容

柔道整復師は中国から伝えられた「殺法・活法表裏一体」を源流とする日本柔術に、西洋医学の知識が導入されて生まれたものとされる。
 
明治時代から、近代整形外科も導入して、柔道とともに発達してきた治療法で、その特質は、手術をしない非観血的な治療法で切開手術やギブスを用いないで骨折の癒合を図ること。人の身体が本来もっている自然治癒力を最大限に生かす治療法である。
 
打撲、捻挫、脱臼、骨折などの応急処置や補助的治療を行い、速やかな回復に務める。ただし、脱臼、骨折の患者に対して施術する場合は医師の同意が必要で、薬物投与などの医療行為は法律で禁じられている。
 
平成16〜17年度より、出題形式の見直しに基づき、必修問題の導入、試験問題数の増加、臨床実地問題数の増加などが図られている。必須問題には社会的側面や倫理的側面も出題される。臨床実地問題では問題解決能力を問う出題を増加する。


就職情報

“接骨医”“整骨医”とも呼ばれ、資格取得後は、病院の整形外科、整形外科医院、接骨院に勤務しながら経験を積み、最終的には開業する者が多い。また、スポーツトレーナー、介護保険制度での高齢者の筋トレを行う機能訓練指導員など仕事の範囲は広がってきている。


取得方法

高校卒業で3年以上は、文部科学大臣が指定する学校(養成施設)あるいは厚生労働大臣が指定する養成施設で必要な知識及び技術を修得し、国家試験に合格することが必要。
 
国家試験に柔道実技はないが、専門学校の入学資格や授業で柔道を要求される場合もあるので、心得はあったほうがいいだろう。
 
なお、柔道整復は腕力に基づく治療ではなく、てこの原理を応用するものなので、女性の有資格者も増えている。最近は保険外だが、パソコンやストレスによる疲労・肩こりを訴えるOLや、スポーツによる故障者などでマッサージの需要が拡大。ちなみに国家試験の合格者は年々増加し、その結果、整骨院・接骨院も増加している。


詳細情報

受験資格: 大学に入学できる者で、文部科学大臣または厚生労働大臣が認定した学校・養成施設で3年以上必要な知識・技術を修得し卒業(見込を含む)した者
試験科目: 解剖学、生理学、運動学、病理学概論、衛生学・公衆衛生学、一般臨床医学、外科学概論、整形外科学、リハビリテーション医学、柔道整復理論及び関係法規
申込期間: 1月上旬〜中旬
試験日: 3月上旬
試験地: 北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県
受験料: 23,300円
受験者: 7,156人(平成21年度)
合格率: 77.8%(平成21年度)

問い合わせ先

(財)柔道整復研修試験財団
住所:
〒108-0074 東京都港区高輪3-25-33長田ビル4階
TEL:
03-3280-9720